衣装第一弾作ってみました


工作チームの大出、栗山で衣装を作ってみました。(モデル:エルモ☆)

切りっぱなしの生地を、顔出す部分と半そで部分を切り取って、葉っぱや枝や木の実でカヌーの形に貼り、腰部分を紐で結びました。

今日は生地の代わりに新聞、葉っぱ・枝・木の実の代わりに折り紙
、紐は家にあったものを適当に使いました。

材料は後日買ってまた作ってみたいと思います。

この他、フェイスペインティングやお面、ツノなども作れたらなと考えてます。


何かご意見ご感想あれば、コメントしてください。d0070244_2218486.jpg
[PR]
# by nac2006blog | 2006-09-27 22:21 | 工作チーム

指揮者ってこんな感じか?

d0070244_142491.jpgKOSUGE1-16土谷です。
指揮者の為にイカダを作ろうかと思ってゴムボートを出してみたのだけれど、大変な思いしてイカダを拵えなくても、こんな感じで指揮者は良いのではないかと、心が動いているのですがいかがでしょう?
イカダを作った場合、指揮者の他に操舵手として2名は同乗しなければならないと思いますが、これならセルフコントロール効きそうだし。
3人乗りのカヌーでも良いのですが、先日の実験ではかなり不安定で指揮を出す時の重心移動が厳しい感じがありました。
[PR]
# by nac2006blog | 2006-09-21 14:02 | スタッフ全員へのお知らせ

音楽チームより

現在音楽チームでは楽器作りの実験をしています。
d0070244_42408.jpg

こ、これはもしかして・・・ピンポン玉?これも楽器に?

ぜひ、10月の本番に確かめにいらしてくださいね!
[PR]
# by nac2006blog | 2006-09-15 04:29 | 音楽チーム

課題別にチームを分けて進行中です。

KOSUGE1-16チームのみなさま

現地説明会では、7月末の三宮で行われた説明会で出た案を元にして課題を4つに分類し4つのチームに分けて実験や検討をしていくという形式で行われました。

ここで紹介させて頂きます。※印…チーフ

●音楽チーム(担当者:※迫間、山崎、佐藤、生田) 
主にコンサートで使用する楽器や音楽の方向性と組織化(まとまり)を担当してもらっています。

●空間演出チーム(担当者:※辻井、※岩根、橋本、梅田、杉本、世儀)
穂高湖周辺で演奏にもってこいな場所や各村ごとの作業スペースを見つけるなど、空間的な企画担当です。

●プログラムチーム(担当者:※アニキ、カテキン、野田口、小林、徳岡)
スケジュールを調整してくれるチーム。すでにアニキからはスケジュール案が届いております!(アニキ、仕事が速い!)

●工作チーム(担当者:※栗山、大出、中山、山口)
衣装、村の装飾、コンサート案内状などなど、作り物系担当してもらっています。

この4つのチームは完全に分かれて作業をしているわけではなく、どのチームも他のチームとの調整が必要不可欠なため、連携しあってモノゴトを決めいきます。


この前の現地説明会に参加できなかった方でも、このチームでがつがつヤリタイ!という方はこのブログに対してコメントをしてくださいね。名前とどのチームでやりたいかなど。
もっともっとブログを盛り上げていきましょう!!それでは。
[PR]
# by nac2006blog | 2006-09-09 20:04 | スタッフ全員へのお知らせ

現地説明会が行われました。

現地説明会に参加して頂いたみなさん!
雨の中大変でしたがどうもお疲れ様でした!!

参加できなかった方も多数いますので、早急に当日の様子をアップいたします。
企画がいろいろ煮詰まっていった、内容の濃い二日間でしたね。
決定事項は整理して順次ブログにアップいたします。

取り急ぎ。

【9月6日】10時半自然の家着。メインロッジにて自己紹介と今日の内容の確認。穂高湖周辺を散策しシェール槍に登る。昼食後、全員カヌーを体験。2チームに分けて楽器演奏とカヌーでの聞き心地を実験した。摩耶施設に戻り研修室にてミーティング1。夕食後ミーティング2。

メインロッジにて最初の挨拶
d0070244_2251737.jpg

穂高湖周辺を散策
d0070244_22515939.jpg

シェール槍に登る
d0070244_225431100.jpg

カヌーの準備
d0070244_2256937.jpg

赤木先生よりカヌーの乗り方のご指導を頂く
d0070244_22564978.jpg

カヌー体験
d0070244_2259683.jpg

楽器の演奏実験。ハーモニックパイプをまわして音を鳴らす。
d0070244_2383741.jpg

リコーダー
d0070244_2311357.jpg

摩耶施設にてミーティング
音チーム。プログラムチーム。空間演出チーム。工作チームに分けて気づいたことや課題を話し合った。
d0070244_23115025.jpg


【9月7日】昨日浮かび上がった課題を解決したり実験したり、場所の選定などを行った。
音チーム。演奏の方向性と組織化(まとまり)を実験した。
d0070244_23174528.jpg

d0070244_23181429.jpg

d0070244_23185013.jpg

湖にカヌーを出し、演奏の統率を行う実験を行った。
d0070244_23194830.jpg

夕方神戸大学発達科学部Dルームにて今回の最後のミーティング
d0070244_23203560.jpg

[PR]
# by nac2006blog | 2006-09-07 23:21

サポートスタッフ説明会が行われました!

25日三宮の青少年会館でスタッフ説明会が行われました。すごくざっくりですが、当日の様子をアップいたします。後日あらためて詳細な報告をします。ご了承ください。

はじめに神戸市教育委員会の田中さんから今年のNature Art Camp 2006に向けて、あいさつを頂戴しました。お忙しい中ありがとうございました。
d0070244_1352722.jpg

次に、今回のアーティストである土谷さんにこれまでの活動をスライドを使って説明していただきました。その後、今回のNAC2006の企画について考えられていることお話いただきました。
d0070244_1353716.jpg

今回集まってくれた学生のみなさん。テスト期間中なのにありがとうございました!
d0070244_1354458.jpg

各自自己紹介をして、自分の持っている案を発表し、それに対して意見を交換しました。
d0070244_1355079.jpg

[PR]
# by nac2006blog | 2006-07-26 01:47

サポートスタッフ募集中!みんなで湖上コンサートを成功させよう!

今年の「Nature Art Camp 2006」のサポートスタッフへ向けての説明会が行われます。

説明会日時:7月25日(火)2時から5時まで
(申込不要、無料※終了後、アーティストとの簡単な懇親会があります。なお、説明会参加はサポートスタッフに登録するうえで必須ではありませんので、イベント当日行きたいのに説明会に出席できない方はプラス・アーツ百田0644006108までご連絡ください。)
説明会はアーティストから直接どういったことをするのかが聞ける貴重な時間ですので、みなさんぜひご来場ください。
場所:神戸市青少年会館5階レクリエーション室(神戸市勤労会館ビル内・中央区役所隣)
アーティスト:KOSUGE1-16
企画:「バック・ウォーター・コンサート」
内容:会場となる穂高湖をコンサートホールにみたてて、奏者である子どもたちは森で楽器を演奏し、観客はカヌーに乗りながら演奏を聴く、世界初!?の湖上コンサートです。(3日目を来場自由日とし開放します。)
開催日:10月7(土)8(日)9(祝)
当日3日間や事前の企画ミーティングなどに参加していただけるサポートスタッフを募集しています。みんなで湖上コンサートを成功させましょう!

ご不明な点がございましたら下記連絡先までご連絡ください。
NPO法人プラス・アーツ 担当:百田
TEL:0644006108 Mail:momoda@plus-arts.net

【説明会会場までの行き方】d0070244_15382321.jpg

d0070244_1538371.jpgd0070244_15385213.jpg
サポートスタッフ募集チラシ
[PR]
# by nac2006blog | 2006-07-03 15:29

アーティスト企画案完成!!

KOSUGE1-16さんから企画案が到着しました!!

■KOSUGE1-16企画書

●タイトル:バック・ウォーター・コンサート

●日程:10/7,8,9

●ドローイング
d0070244_1731690.jpg



●概要
参加したこども達は3日間限定の楽団「チキンルート楽団」を結成し、最終日に穂高湖で一風変わったコンサートを開催します。このコンサートホールでお客様は皆カヌーに乗り、湖上に揺られながら演奏を聴きます。演奏者は湖を囲み、茂みに潜み、森の鳥達と同じ様に姿を風景にとけ込ませ自然の一部となりながら演奏します。
 最初の2日間は本番に向けた準備にうちこみます。観たり聴いたり語ったり作り物をするなど、演奏するだけではなく参加する子供達の個性に応じたコンサートへの参加の仕方を促していくことは今回のワークショップの特徴となります。例えば穂高湖までのアプローチを総合的に演出していく事、楽団の衣装を準備する事、お客様をカヌーに乗せるまでの演出やおもてなしなど、多様な試みをおこないます。

●主旨
すり鉢状の湖をコンサートホールにするダイナミックな試みを通じて鳥のさえずりや木々の揺れる音、パドルが水面を叩く音などの多くの優しいノイズと共に雄大な自然環境の中での天然のサラウンドシステムを体感します。また、奏者は森に、お客様はカヌーにという普段では体験出来ないシチュエーションを生むことによって、冒険心や創造力をかきたてます。

●目的
自然に囲まれた空間から、その豊かさや楽しさに気づき、そしてそれらを取り込み利用します。こども達はコンサート本番までの多様な作業を通して集団生活や集団行動の仲から個々の独創性や自主性をみつけ伸ばす試みをおこないます。また、芸術家とのふれあいは新たな視点を呼び起こす事につながり、柔軟な創造力や多様な視点を養います。そして大人スタッフとのふれあいから、集団生活の中での連帯感やエチケットを自然と学んでいきます。
[PR]
# by nac2006blog | 2006-06-16 15:37

5/11,12 NAC2006アーティスト下見

2006 5/11,12に今回のアーティストKOSUGE1-16土谷さんと企画書の構想を練るため、現地の下見をしてきました。
参加者:土谷(KOSUGE1-16)、永田(プラス・アーツ)、百田(プラス・アーツ)、迫間(プラス・アーツ)
写真:百田(プラス・アーツ)

d0070244_1217375.jpg宿舎の外観です。

d0070244_12175621.jpg宿舎の中のホールです。
昨年以降のNACポスターが今も飾られています。(右上)

d0070244_12181232.jpg初日昼の様子。
皆さん勇み足で森に入って行きました。
d0070244_12182471.jpgいつかのNACの時に木に書いた名前が今も残っています。
これは。。。「川浪さん」??
d0070244_12183957.jpg夜の下見にも行きました。
写真じゃなんにも見えないですね。。
大自然の中なので真っ暗です。
d0070244_12185236.jpg2日目朝です。
この日はもう土谷さんも慣れた様子で先頭を切って歩いていました。
この日で企画をある程度イメージしなくてはならないのでやる気満々ですね。
と思えば、永田さんが草笛を吹き始めましたよ。
思わず僕もマネしてみました。

d0070244_13381184.jpgカヌーを漕ごうという流れに。
僕と土谷さんは初体験。
自然の家の方に乗り方を教わっています。
裸足で砂を踏む感触がひんやりじゃりじゃりとして気持ちよかったです。

d0070244_1219817.jpgみんなカヌーに乗って気持ちよさそうにしていました。
普段カヌーに乗って湖上でゆっくりするなんてことないですから、なにか新しい感覚が覚醒されるような気持ちでした。
土谷さんがカヌーに乗りながら口笛を吹き始めましたよ。
なにかひらめいたのでしょうか??
d0070244_12192297.jpg土谷さんが百田さんに「湖沿いの道を歩きながら口笛吹いてみて」と指示を出しました。
陸と湖上で口笛の合唱。
大自然による音の反響によってなんともきれいなサラウンド効果が体感できました。
頂上(百田)と湖上(土谷)で試してみました。
さすがにこの距離で口笛の音は届きませんでした。
d0070244_12221559.jpgすかさず交代。
頂上(土谷)-湖上(百田)。
「やっぱり聞こえないなー」とつぶやく土谷さん。
頂上に登るまでの間になんとなく今回の企画案が見えてきたようです。

d0070244_1222293.jpg帰り道。普段ちょろちょろとしか流れないのに、この日は滝のごとく、いや滝になってました。
貴重なレアショット。


宿舎までの帰り道、湖上を客席(カヌーか浮き島)にして山をステージにする(沿道で演奏)というのはどうだろうと土谷さんが提案しました。一同大賛成。モチベーションもあがり、夢膨らむ感じでした。
この後お昼をいただきながら打ち合せを行ないました。
実のところ雑談9企画1ほどの気軽な雰囲気で。
しかしこの時点で言葉に出さずとも、4人の頭の中で思い浮かべるものは一つになっていたと思います。
この後日、KOSUGE1-16さんで企画書を作ってもらうことに。
企画書を楽しみに待ちます。
どんな企画が出来るのでしょうか。。。
[PR]
# by nac2006blog | 2006-05-19 14:23

Nature Art Camp 2006 アーティスト紹介

◎ KOSUGE1-16

■ 紹介

d0070244_15442157.jpgKOSUGE1-16は
土谷享(Takashi Tsuchiya 1977年 埼玉県生まれ)
車田智志乃(Chishino Kurumada 1977年 福島県生まれ)
の二人組のアーティストユニットとして2001年から活動しています。

d0070244_12204839.jpg 私達の活動は既存の美術施設には納まる事をスタンダード
としておりません。世界標準を地域に落とすのでは無く、地域
から世界標準のもの、だけどローカルなものを生む足掛かりと
しての美術を実行したいと考えています。そのきっかけは日常
のありふれたところに存在します。それは環境であったり、現
象であったり、人のつながりにあります。


 
 KOSUGE1-16はそれらを独自に読み解くことによってローカル単位でアクションを
おこし、様々な社会問題を孕みながらもそれらをポジティブに読み替えていくプロジェ
クトをおこなっています。そこには笑いがあり、小さな冒険を内在しています。隔離され
た所にある美術ではなく、身近な場所に生活を豊かにしていく存在として、また、その
常備薬としての美術を考えています。
d0070244_15251052.jpg
KOSUGE1-16をもっと知りたい方は ↓↓ へアクセス!!
ホームページ:http://homepage.mac.com/kosuge1_16/
美学校:http://www.bigakko.jp/

■ 近年の活動

2005.10  コRIC ~人工島をつくろう~ RIC アートカプセル2005
           (六甲アイランドリバーモール 兵庫県神戸市)
2005.09  アスレチッククラブ4号プロジェクト 横浜トリエンナーレ2005公式HP
           (横浜市山下ふ頭3号、4号上屋 神奈川県横浜市)
2005.08  コスゲ商店祭 Wi-CAN Wi-CANアートセンター 
           (千葉県千葉市)
2005.08  コスゲファミリー9男9女 「いざ!カエルキャンプ!」
           (コミスタ神戸 兵庫県神戸市)
2005.06  西小菅小学校で個展 葛飾区立西小菅小学校 
           (東京都葛飾区)
2005.03  Re OLYMPIC 事前ワークショップ 海岸通りギャラリーCASO
           (大阪府大阪市)
2005.01  小菅スケートスクール 北海道帯広市立大正小学校

■ What`s NEW

「Oh! soccer 2006 in KPO」PART 2(6/9~7/10)」でさらに盛り上がるKPO
に、車田智志乃・土谷享のアーティストユニット「KOSUGE1-16」制作の巨大サッ
カーボードゲームが登場!そこで、このゲームのリーグ戦を開催します。景品もご
用意していますので、参加ご希望の皆さまは奮ってご応募ください!


開催場所: KPOキリンプラザ大阪 6階KPOホール
参加者: 各日8チーム(1チーム6名)
参加費: 無料
参加資格: 小学生以上の男女
※ただし申込者(代表者)は成年の方であることを必須
とさせていただき、未成年者だけでの参加は不可とさせ
ていただきます。
応募方法: 1チーム6名でのご応募となります。
※当日は当選案内メールをプリントアウトしてご持参ください。

6月10日(土)開催分は、館内応募のみ【締切日:6月5日(月)】となります。
※当落のご連絡は、6月6日(火)の予定です。
d0070244_15351851.jpg

d0070244_1536279.gif

[PR]
# by nac2006blog | 2006-05-05 12:12